3年後の自分を育てる、新年の目標設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ダイエット健康協会 認定ダイエットインストラクターの、はじめです。

苦難の年を乗り越えて、ついに2021年がスタートしましたね。

新年には、目標設定を掲げる人が多いのではないでしょうか?

昨年に決めた目標は、達成できましたか?

夢や目標を持つことはもちろん素晴らしいことですが、

もし目標が叶わなかったのなら、目標設定の仕方を見直してみてください。

現在の自分ではなく未来の自分を見る。

日本人は、3年単位で目標を設定すると達成しやすいと言われています。

小学校で6年、中学校で3年、高校で3年と、区切りが身についているのですね。

3年後のあなたは、どうなっていたいですか?

・趣味の料理を活かして、ヘルシーな料理教室を開きたい!

・美容の知識をもっと学んで、たくさんの人にアドバイスしたい!

・世界中を飛び回って、アートに触れたい!

などなど…、まずは大きな夢を掲げてみてください。

未来と現在のギャップを把握する

3年後の自分になるために、いまあなたに足りていないことは何ですか?

目標が大きければ大きいほど、途方もないギャップを感じるかもしれません。

でも、大丈夫です!

やみくもに走って同じところをぐるぐると回っている人と、

ゴールを見据えてゆっくりでも確実に前に進んでいる人、

どちらの人生を歩みたいですか?

自分のゴールとギャップを知っているか、知らないか、これは大きな違いです。

小さなギャップを埋める積み重ね

例えば、3年後の目標が”ファッションショーに出演する”ことだと設定します。

自分でオーディションを探すのもいいですが、

黙って思っているだけではチャンスはやってきません。

まずは声に出してみてください。

すると、周りの方から

「こんなオーディションがあるんだけどどう?」

「こんどファッションショーやるからおいでよ!」

「こんな人がモデル探してるから紹介するね」

と声がかかります。

声に出すことで、あなたのことを助けてくれる人はたくさんいます。

でも、『ファッションショーに出たい!』その気持ちだけで

ファッションショーに出られるのでしょうか。

答えはNOですよね。

ファッションショーの知識を身に着けたり、素材を勉強したり、

もちろんモデルウォーキングのスキルを磨くことや、

身体づくりも重要です。

ゴールに向かって少しずつ進んでいくことで、

巡り合ったチャンスを掴むことができます。

新年は気持ちもあらたに様々なことに挑戦できるタイミング。

3年後、そして30年後に、もっとキラキラ輝くあなたになるために

明確なゴールと目標を設定して

素敵なお正月をお過ごしくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

4 + 13 =